マスターすれば安定する|家庭教師選びは評判を確認してから|相性ぴったりの人間を見つけよう

家庭教師選びは評判を確認してから|相性ぴったりの人間を見つけよう

ステーショナリー

マスターすれば安定する

手

身に付ければ大丈夫です

大学入試で必要になる小論文は書き方をマスターするだけで得点が安定します。採点官の心を打つような素晴らしい小論文を作成するには才能が必要だと言う人もいますが、論理的に自分の主張を伝えるための書き方を身に付ければ大丈夫です。小論文の書き方を習得する上で最も手軽に始められるのが参考書を使ったアプローチです。本屋さんの参考書のコーナーに行くとさまざまな会社から小論文向けのテキストが発売されており、そこにあるノウハウをきちんと吸収できれば爆発的に成績は伸びます。参考書は千円ちょっとで手に入りますから、コストパフォーマンスだけを見ればこの方法が最善です。また、読む作業がメインなので通学途中の電車のなかなどでも勉強できます。

細部まで指導が丁寧です

ただ、小論文は実際に書く練習を繰り返した方が上達は早いです。この時に第三者の人に自分が書いた答案をチェックしてもらうとベターです。自分のなかでは当たり前の表現でもほかの人が読むと違ったニュアンスとなって伝わるケースが普通にあり、そういった点を修正していけますから添削は必須です。学校の国語の先生にお願いするのもいいですが、通信教育の小論文講座を活用して添削してもらうと最高です。通信講座の先生はいわば大学入試のプロで、高得点を取るためのポイントを熟知している分だけ本当に必要な書き方だけを優先して教えてもらえます。ほかにも、長年の添削に携わってきた経験からどう小論文を書けば印象を良くできるのかなど、細部にいたるまで指導が丁寧です。